もうすぐバレンタインですねーてか終わりましたー。

b0013634_2251493.jpg

パッケージに入ってたり写真が暗めなんで見にくいんですが簡単に説明を。
写真左上は、先生があらかじめ作ってくれてたオレンジを甘く煮て柔らかくしたものに、自分で半分だけ溶かしたチョコをコーティングしたものです。
写真右上はアマンド・キャラメリゼ。
アーモンドにグラニュー糖&水を加熱したものにからめて溶かしたチョコの中に入れて仕上げにココアパウダーをかけたものであります♪
写真中央の木箱に入ってるのはチョコフィヤンティーヌ。
フィヤンティーヌってーのは、本高砂屋のエコルセみたいなコーンフレークっぽいクッキーのことです。このフィヤンティーヌに湯せんで溶かしたチョコをかけて作ります。
あと写真はUPしてませんが、生チョコも作りました。
グランマニエっていうオレンジ風味のリキュール入りで絶品であります♪
形は不ぞろいでしたが…(笑)

以上、恥ずかしながら生まれて初めて作ったチョコレートの解説であります(爆)、はは。

2月4日に、パティシエールが教えるバレンタインのチョコレート教室というのがですねー、神戸元町にあるよみうり神戸文化センターで開催されるということなんで、これやっっ!!と飛びつきまして参加しました。
この講師が、 NHK「きょうの料理」や雑誌などで活躍中の上田悦子さんという人がチョコ作りを教えてくれるんですよ、神戸市灘区で洋菓子店「Tea Time」のオーナーしてらっしゃるすごい方ーー!!
息子さんは外国で修行に行ってて日本帰ってきてもうすぐ店やら料理の教室をその息子に譲って隠居するぞーとかなんとかその先生談。
す、すげぇぇーーー。

その講習を受けてる時に、何気に参加者9名だけだったんですけどその顔ぶれを何気にぼ~っと眺めてると、ある一人の女性に釘付けに!!

な、なんとっっ以前前の職場で一緒に仕事してた元後輩やないのぉぉ!!
めっちゃ偶然!!
せんせいの話が一通り終わった瞬間すぐに声かけてひさしぶりーーー!!と挨拶。
彼女も偶然すぎる再会にびっくりしてましたなぁ~。

そのあと3人ずつに分かれてチョコ作り開始♪
もちろんその後輩ちゃんと一緒です。あともう一人主婦ベテラ~ンな感じのおばさまと3人。
しかしチョコって温度管理ほんと大変です。
デリケートな素材だわーーーチョコーーー。
この実習ですが、チョコ作り少しわし手伝ったぐらいでほとんどその主婦ベテラ~ンなおばさまが率先してがんばってくれてたような気が・・・(笑)
あ、でもチョコ溶かしてまぜて温度計持って測ってとかちょこちょことはやったよーーー。
あとラッピングもがんばったよぉぉーーー。

しかしこのチョコ入れる木の箱&ラッピング&リボンはせんせが用意してくれたし、このチョコ実際味見して超おいしかったんやけど、このチョコお店で仕入れてるめっちゃいいチョコレートやから、腕が悪くても素材でカバー★なんで少々形が崩れてたって味はほんまに絶品です!(笑)
せんせが用意してくれた木の箱にこのチョコ入れたら売ってるチョコみたい超ゴージャス贅沢なチョコ詰め合わせになりますたよ~♪
手作りチョコは、形が少々悪くてもチョコ本来の味&ラッピング&入れ物でカバーできることを学ぶ(ぉぃ)

で、この講座が2月4日やったんですけどね、お互いバレンタインデーは多忙でゆっくりバレンタインを過ごすのは無理やと思ったんで、翌日にはもうこのチョコを渡しました~。
去年手作りチョコをリクエストされてたのに作る自信なかったので作れなかったから、リベンジでけてほっとしますたわー♪
ま、パティシエの力は借りたけどね~。
でもなんとか手作りチョコ渡すことできて、おいしいって言って食べてくれてよかったーー。
あとこのチョコが失敗してしまった時のことも考えて(笑)用意しておいたキクチタケオのブランドネクタイも贈呈したらデザイン気に入ってくれてめちゃ喜んでくれたーー★
「こちらは仕事のときでもシンプルなデザインなので着けやすいです!!」と言ってすすめてくれた三ノ宮マルイのキクチタケオショップイケメン兄ちゃんに感謝!!(笑)

わ~い♪今年もバレンタイン大成功!
自分のあげたプレゼントで喜んでくれる彼の顔みるのってほんと幸せです、うふふふ~♪
[PR]
by dear-d | 2006-02-12 22:51 | 食べ物
<< ついに上木ちゃんキターーーー!! 超豪華!!アニメソングカウント... >>